猪瀬前知事に続き舛添知事も辞任に追い込まれた。東京都の年間予算は7兆円以上もあり、都道府県では断トツの規模だ。その予算行使に手腕を振るう知事というのはどれだけ男冥利に尽きるか◆東京都知事といえば昭和42年~54年までの美濃部亮吉氏が思い出深い。初の革新都知事として公害や福祉政策に取り組み、何よりも清廉だった。それに比べ舛添さんはあまりにもせこかった◆次の知事には先ずお金に綺麗な人物が求められよう。しかし政治家にそんな高邁な人いるのかね。それじゃダメじゃん。