ナマコ大量

 夏のナマコ漁が解禁された16日早朝、稚内漁協の磯船、桁引き船が出漁し、市場に大量のナマコを上場した。
 好天に恵まれた初日着業する磯船、桁引き船140隻が一斉に出漁。午前9時過ぎに帰港した船から200㌔の上限いっぱい水揚げされたナマコが次々に上場され、漁協職員が計量作業などに追われていた。
 80代の漁師は「型も良く上限値まで採れて良かった」と話し、前浜沖で授業した磯船の漁師は「40㌔ほど採れてまずまず。水温も温かくなってきているのでこれからです」と。
 稚内漁協によると、初日は8㌧の水揚げがあった。