1日で1ヶ月分

 南から湿った空気が入り天気の状態が不安定となっている影響で稚内地方は13日から断続的に雨が降り、14日朝までの24時間の雨量が50㍉を超え、1カ月間分の量に達した。
 稚内地方気象台によると、13日夜に大雨注意報が発表された稚内は14日朝までに57㍉、声問42・5㍉など観測した。稚内の6月1カ月間の平均雨量53㍉に匹敵する。
 14日未明からの強い雨で末広地区の市道が冠水し、行き交う車が水しぶきを上げて走行していた=写真=。
 雨のピークは過ぎたが、14日夕方まで土砂災害に注意を呼びかけている。