50年の節目

 稚恵町内会創立50周年の記念式と祝賀会は12日、サンホテルで開かれ、町内住民が節目を祝うとともに更なる発展を誓った。
 参会した会員ら91人を前に、石本隆志会長は「昭和42年から地域の防犯や子どもの育成など、歴代の役員らを中心に取り組んできており、これからも人口減や空き家問題など知恵を絞り対策していきたい」と挨拶。続いて工藤市長が「歴代会長を筆頭に北地区の発展に尽力して頂いたことに感謝したい」 、吉田道議(代読) 、永井稚内市町内会連協会長が祝辞を述べた。
 工藤市長から三浦岩一前町内会長と石本会長に、石本会長から4人(欠席4人)に感謝状が贈られたあと、受賞者を代表し三浦前町内会長が「地域の安全を守る役割を努めることが出来たのは住民や役員の協力の賜であり感謝しています」と謝辞を述べた。
 このあとの祝賀会は小川文三恵比須町内会長の祝杯音頭で始まり、これまでの歴史を振り返っていた。