迫力ある演舞

 6日~12日まで札幌で開催された第25回YOSAKOIソーラン祭りに出場した南中ソーラン連(岡田哲哉会長)は迫力ある演舞を披露した。
 平成26年以来2回目の出場で高校1年生~23歳まで14人のメンバーが参加し、4月中旬から週2回、東地区活動拠点センターや北防波堤ドームなどで練習してきた。
 ソーラン連の一行は審査対象外の一般チーム枠として出場し、11日の一番街三越前会場を皮切りに、12日のわくわくホリデーホール会場の7会場で演舞を披露し観衆から拍手喝采を浴びた。
 リーダーの釜谷亜希さん(稚高3年)と中村華姫さん(大谷高3年)は「今後の活動に向けてすごく良い経験が出来ました」と話し、岡田会長も「別会場から南中ソーランを見に来る人たちもいたので注目されているのを実感しました。これからも皆さんに期待される踊りをつくっていきたい」などと話していた。