晴れて優秀賞

 旅をテーマに募集した「旅の日川柳」で、稚高普通科3年生の大平綾香さん(18)の作品が大賞に次ぐ優秀賞に輝き、「思っていなかったので嬉しいです」と喜びを語った。
 旅行記者や詩人などで作る「日本旅のペンクラブ」が主催し8回目となる旅の日川柳には、全国から1万1043句寄せられ、大賞1点と優秀賞5点、入賞76点が選ばれた。
 同校では昨年、現代文の授業の一環として380人の1、2年生全員が応募することになった。
 大平さんの受賞作は「女子旅行恋愛スポットだけまわる」。審査員から女の子同士の旅行の際の行動や心理を素直に表現しており光った作品―との評価を受けた。
 大平さんは「1万点以上の中から選ばれてびっくりしています。とにかく嬉しいです」と笑顔を見せていた。