写真は一般

 日本郵政北海道支社は今年もオリジナルフレーム切手「さいほくの灯りin稚内」を作成し、1日から一部の簡易郵便局を除く宗谷管内の郵便局と札幌、小樽、千歳など47郵便局で販売している。
 同社稚内部会では、4年前から〝さいほくのたびシリーズ〟として年1回オリジナルの切手を販売。昨年までは、市役所などの行政から写真の提供を受けて作成していたが、今年から市民目線の観光スポットを紹介できれば―と初めて一般公募し、夕日に染まる恵山泊漁港公園やノシャップ岬などがプリントされた2000シートを作成した。
 同部会物販郵便担当副部会長の齋藤珠樹宗谷岬郵便局長は「朝日や夕日の灯りで稚内の温かさをイメージしました。道内外の観光客にも旅の思い出にしてほしい」とPRしている。
 52円と82円切手各5枚ずつ1シート1100円。