精神鍛錬

 スノーボードチーム「シーモアユース」のメンバーが大林寺(宝来3)で月1回、井上耕心副住職の講話を聞くなど心のトレーニングをしている。
 小中学生メンバーたちが技術練習以外の精神トレーニングとし、昨年のオフシーズンから取り組んでいるもので、井上副住職はアルペンスキーコーチの経験もある。
 29日夜、集まったメンバーら30人は仏の絵に色を塗り、それぞれ将来の夢を書いたお守りを作成したあと、井上さんの「物や場所へ関わってきた人たちのことをよく考え感謝の気持ちを持って過ごしてほしい」との話を傾聴した。
 「挨拶など基本的なことが身に付いてきているようで、成長を実感しています」とシーモアユース指導者。