JR北海道は来春、稚内・札幌間の特急3本のうち2本を旭川までに短縮する計画にあるという。JRの予定はほぼ決定に近いものがあり稚内など宗谷線沿線住民ばかりでなく観光客にとっても不便を強いられる。
 留萌・増毛間、そして未だに土砂崩れのままで運行できない日高線等々、JRは採算に合わないとして幾多の路線を切り捨てしてきている。
 国鉄から民営化されているのだから余りの赤字路線は廃線致し方ないと思う反面、地域の公共交通としての観点からは収支一点張りというのもいかがなものか。それ故に国民の税金から拠出された基金もあるわけで効率至上には容易に納得できるものではない。
 ただ特急運行区間が短縮されるといえど旭川までは行けるわけで、これまでの札幌まで直通と比べると不便この上ないが、無くなることでもなく辛抱しなければならないか―との思いはある。
 譲歩できるのは車があり普段都市間バスを使っている人たちであり、JRしか頼りに出来ない学生やお年寄りにとって短縮といえど影響は小さくない。
 道内に張り巡らせられた鉄路は国鉄民営化以降、櫛の歯が欠けたようになっており、反比例し道路網は充実する一方で、山奥の田舎道でも実際に通ってみて立派な道路があり呆然とすることがある。
 JR、道路、空路を上手く調整整備した交通行政できないものなのか。JRなど民間の都合で本来、国民として享受できる権利が損なわれては行政のあり方として宜しいものではなかろう。それにしても北海道は広い。