JR北海道が来春からのダイヤ改正に伴い稚内~札幌間の特急を旭川間に短縮する方向で検討していることを受けて宗谷線沿線の自治体は26日、名寄市で意見交換会を開いた。
 JR北海道では、車両の老朽化や代替車両を購入する資金がないなどを理由に、稚内~札幌間の3往復のうちサロベツとスーパー宗谷各1往復の特急を旭川までに短縮する考えを示している。
 意見交換会には、和寒以北の市町村長と宗谷・上川総合振興局長のほか、JRから西野史尚副社長らが出席した。同席した川野市まちづくり政策部長によると、JR側から特急の運行区間短縮についての説明を受けたあと、工藤市長ら出席した首長から「特急が短縮されれば地域の公共交通だけではなく大きな荷物を持った観光客が利用しずらくなる」などとの発言がありJRに再考を求めていた。
 市では、6月3日に開かれる宗谷地域総合開発期成会の総会で報告し、今後の方向性について協議する。