稚内自衛隊協力会(会長・工藤市長)は20日夕、サンホテルで総会を開き、自衛隊と市民の相互理解を図るため自衛隊の行事と広報活動への協力・支援などして行くことを確認した。
 本年度事業計画は▽稚内分屯基地との共催で海上自衛隊大湊音楽隊コンサート(6月10日文化センター)▽稚内分屯基地開庁62周年記念祝賀会(6月11日サンホテル)記念式と基地一般公開(6月12日)▽自衛隊員と市民の夕べビールパーティー(9月中旬海員会館)▽新年賀詞交歓会(来年1月上旬ANAクラウンプラザホテル稚内)▽護衛艦入港時の歓迎行事と慰問活動実施▽防衛省幕僚幹部への表敬訪問と稚内会(稚内基地歴代勤務者の集い)11月10、11日予定▽北門神社例大祭の神輿、みなと南極まつり、名士カラオケ歌謡祭への参加協力と支援▽組織強化に向け新規会員の開拓▽わっかない自協だより発行(10月、2月)など。
 砕氷自衛艦の南極観測船「しらせ」(1万2650㌧・大湊基地所属)の稚内寄港が秋口予定されており、寄港した場合、事業日程に変更が出てくる。