稚内消防署は4月の救急出動状況を集計。124回出動し119人搬送。出動、搬送ともに今年最多を記録した。
 前年に比べ出動は1回、搬送は7人増加した。救急出動の半分以上を占める急病は81回77人搬送。前年から1回減、2人増。一般負傷は13回、13人で4回2人各減。交通事故は2回、2人で2回、1人各減。
 前年に比べ増加が目立ったのは転院搬送などその他で25回、24人で前年より9回、10人増えた。
 その中で月平均し3回ほどのドクターヘリによる管外搬送が4月は6回もあった。
 市立病院では、循環器科、耳鼻咽喉科に続き4月から泌尿器科も出張医体制となっており、同署では今後もドクターヘリの出動が増えるのではないかとしている。