中沢さん講師登録

 稚内市民観光ボランティアガイドの中澤和一会長(68)が、日本観光振興協会が各地で魅力ある観光地作りを伝える役割を担う講師として登録された。
 昨年11月、旭川であった観光ボランティアガイド人材育成研修会の講師を務め、受講者から好評だったことで同振興会北海道支部の推薦を受けていた。
 審査に3カ月を要したが、これまでのボランティアガイドや各地での出前講座などの実績が高く評価され登録されるに至った。
 全国で100人以上が登録している講師の中で、ホスピタリティ(おもてなし)分野を担当する中澤さんは、協会から講師要請があれば「稚内と利尻礼文の観光と稚内沖合い底曳き網漁の歴史を伝えたい。自分が体験した200海里以前の漁や私が知る宗谷の魅力を全国に広めたい」と話していた。