模擬投票

 今夏の参院選から投票できる年齢が18歳に引き下げられるのに伴い、市選管は16日午後、大谷高で選挙啓発の出前講座を開いた。
 参加した3年生83人は、投票の説明を受けたあと模擬投票を行い、事前に配布された4人の候補者が書かれた選挙公報に目を通し、実際に使われる投票用紙に候補者名を書き投票を体験した。
 大谷高では、3年生87人中23人の生徒が選挙対象者となる。