稚内署は4月末の同署管内(稚内、猿払、利礼3町)の交通事故発生と取り締まり状況をまとめた。
 4月の人身事故は、1日、稚内市内で自転車に乗った80代男性が普通乗用車と接触し転倒、頭を強打して2日後に死亡する事故があったが、事故から24時間以上経過しているため統計上は死亡事故とはならなかった。物損事故は63件(稚内47件、猿払8件、利尻富士3件、礼文5件)だった。
累計は人身14件 (昨年同期対比3減)傷者15人(同2減)死者0人(同2減)物損417件(同45減)。
 4月中の取り締まり結果は無免許9件、飲酒1件、速度66件、信号無視1件、一時停止96件、シートベルト38件、通行禁止9件、その他7件の計227件。無免許では、今年1月に有印公文書偽造・同行使で逮捕され、その後無免許運転で追送致された容疑者の検挙件数が9件分あった。
 シカとの衝突事故は1件。