ホタテ貝移出

 天北1号埠頭に野積みされていたホタテ貝殻の船積み作業が11日、今年初めて行われ、約800㌧がカキ養殖用として移出された。
 愛媛の新居浜漁港船籍の貨物船「盛昭丸」(499㌧)への船積み作業は午前8時ころから2台のクレーンを使い行われ、1㌧ほどの貝殻が入ったモッコが次々と船積みされた。
 貨物船の船員は「作業は午後4時頃までには終わり、広島方面に向けて出港し到着するまでには3~4日間かかる」と話していた。
 天北1号埠頭の一角には未だ多くのホタテ貝殻が野積みされており、カキ養殖用として秋までに何回かに分けて移出される。