コンブ早採り

 10日、はまなす地区などでコンブの早採りがあった。量は少なかったようだ。
 早採りは、7月8日のコンブ漁解禁を前に、繁茂状況など探る意味合いから行っており、GW明けの6日解禁だったが漁ができず天候に恵まれた10日、午前6時から漁師数人が出漁し眼鏡で海底を覗き込み、専用の漁具でコンブを採取していた。
 声問地区の漁師は「昨年に比べ量は3分の1くらいしかなく、細いコンブばかり」 と話していた。