樹木食害

 稚内公園にある樹木の皮がシカに食べられる被害が相次ぎ、公園を管理する稚内市シルバー人材センターは頭を抱えている。
 被害が目立つのは森林公園内にある木で、日中でも出没するシカによって樹木の皮が剥ぎ取られ、まだら色に変わっている。
 大きい木の被害は小さいものの、若木などはシカと同じくらいの大きさのため狙われやすく、人材センターでは食害を防ぐため防護ネットで覆う対策をしているが、被害は拡大する一方にある。
 市街地にも出没するシカによって今年は中央公園にある木も食害に遭い、樹皮が食べられたことで死んだ木もあり、会員は「色々な所で被害が出るということは、それだけシカが多くなっていること」と嘆いていた。