サッカー少年団

 稚内ジュニアイレブンとFCワンピースの2つのサッカー少年団が統合し、今年4月から「稚内ラソフォルテスFC」として活動を始めている。
 昭和57年設立の稚内ジュニアイレブンと平成15年設立のFCワンピースなど稚内にはサッカー少年団が4チームあり活動していたが少子化などで団員の減少が著しく、今年4月1日現在で、稚内ジュニア20人(小学1~6年生)、ワンピースは15人しかおらず、今後の大会出場にも影響するなどとして昨年から統合に向け協議してきた。
 今年4月13日に開かれた設立総会でチーム代表にジュニア監督だった吉川利明さん(62)、監督にはワンピース監督だった築田治さん(51)が就任し、4月21日に市体協に少年団登録した。ラソフォルテスはポルトガル語の強い絆という意味で小学1~6年生の男女36人の団員がおり週2回練習に励んでいる。
 吉川代表は「稚内を代表するチームになるためにも各年代で活躍できる選手の育成に取り組んでいきたい」などとし、築田監督も「7月に旭川で開催される全道大会出場を目指したい」と述べていた。
 団員を募集している。木・土曜日の週2回、南小と中央小で練習している。詳しくは吉川代表090~9523~2107まで。