働く人

 連合稚内の第87回稚内地区メーデー大会・交流会が28日夜、海員会館で開かれ、参加した220人が働く人が報われる社会など目指し団結した。
 沖野功会長代行は「メーデーは労働者の権利を守るため始まった活動。我々は経済の好循環に向け格差是正に取り組んでいかなければならない」と挨拶。数日前から管内で挨拶回りしている徳永エリ参議は「政治に強い関心を抱く人と興味のない人の二極化が進んでいる。人口減少など危機感を共有し暮らしを守っていきましょう」 と述べ、工藤市長、中井議長、水上みか民進党北海道第12区総支部代表も挨拶した。