PGフン拾い

 オープンを29日に控えたノシャップ、こまどり両パークゴルフ場で26日、愛好する市民がシカのフンを拾う清掃活動を行った。
 朝から雨が降り気温も4度を下回る寒さの中、特にシカの出没が多いノシャップPG場には、稚内パークゴルフ協会員と、ノシャップと恵比須地区の愛好者20人が参加しフン拾いをした。
 毎日のように30頭近いシカが出没していることもあってフンの量はいつもの倍以上もあり、30分ほどの作業で1人につきペットボトル3、4本分にもなった。
 一日の作業だけでは終わらず、ノシャップPG場では27日も午前9時から行うことにした。駒井時雄協会事務局長は「これまでの最高の量が落ちている。明日は多くの協力をお願いしたい」と参加を呼びかけている。