サハリン大看板

 サハリンとの交流促進、定期航路復活を目指すことを周知する大看板が国道沿い2カ所にお目見えした。
 以前は日ロ定期航路のアインス宗谷をPRする看板が設置されていたが、ハートランドフェリーが日ロ航路から撤退し、今月アインス宗谷が海外に売却されたことを受け、稚内・コルサコフ定期航路利用促進協議会(事務局・市サハリン課)が約50万円をかけ張り替えた。
 声問4の国道238号と中央4の40号沿いの2カ所に設置されている大看板は縦1・8㍍、横3・6㍍あり「針路を北へ」「何処よりも近いサハリン」「稚内はサハリンへの玄関です」と書かれ、航路復活の願いが込められている。