コンビニ最大手の「セブンイレブン」セブン&アイ・ホールディングの鈴木敏文会長兼CEO(最高経営責任者)(83)が退任したよう日本の企業は世代交代期に入っている。稚内とて例外でなく、そこかしこからトップ交代の話が聞こえてくる。
 一部の会社除く大半は同族経営で親から子、または親戚筋へ継承されるが、代々サラリーマン社長が経営権を握る会社では交代期に何らかのハレーションがある。それは人間社会にとって至って当たり前のことではある。
 セブンイレブンの鈴木会長の場合、カリスマ性があるのと同様、独善的であり、報道によると今回の退任劇は創業家の伊藤家との確執もあったようだ。
 創業者は絶対的なものであり亡くなっても創業家として権威を持ち、その後の経営に関与するケースが多い。セブンイレブンでも創業家伊藤家の1人が取締役に名を連ねており、鈴木会長が取締役の次男を将来の社長含みで処遇しようとしているという話が創業家の耳に入り、お家騒動のごとく敵対したのでないのか。
 権力闘争というのは政治家ばかりでなく民間企業や団体、官公庁などでもあり、飽くなき闘争心なくして人間社会が成り立っていかない一面もある。
 経営を船に擬えると社長は船長であり先の海の具合を見ながら面舵で右へ、取舵で左へと航海するが、船内には他に機関など担当する人員がおり乗組員が協力することで船は前に進んでいく。順風満帆ならいいがタイタニック号のようなこともある。前方に目を凝らすこと肝要だ。