稚内のレベル

 文科省主催の本年度の全国・学習状況調査(全国学力テスト)が19日、小学6年生と中学3年生を対象に全国一斉に実施された。
 稚内では小学校11校中学校7校全てで実施され、児童298人、生徒294人が参加した。
 潮見が丘小では75人(男41)の児童を対象に、午前8時40分から国語Aと算数Aを皮切りに国語B、算数Bのほか、生活習慣や家庭環境などに関する質問紙調査(アンケート)が行われた。
 学力調査の結果は秋までに各学校に通知され、都道府県別に公表される。
 昨年の稚内市の学力調査の結果は、小学校で一部の教科で全道平均を上回った一方で、中学校は数学Bの資料の活用が全国平均と比べて大幅に下回った。
 市教委では、今年も小学校で実施の放課後学力グングン塾を大規模校4校で実施するほか、中学校は5校(稚内、東、潮見が丘、南宗谷)で土曜授業を行い、子供たちの学力向上に取組んでいく。