詐欺防止

 稚内信金と稚内署は15日、信金本店で振り込め詐欺被害防止の啓発を行った。
 15日は年金支給日とあって多くの高齢者が訪れる中、大池稚内地区営業本部長ら役職員と署員は啓発用のチラシを配り、被害防止を呼びかけていた。
 近年、振り込め詐欺の犯行手口も巧妙化しており、今年に入っての被害はないものの昨年、稚内署管内では5件、約1200万円の被害があった。道内では今年3月末まで昨年を下回っているが36件約5600万円騙し取られている。
 4月に入ってからも士別市の女性が約1200万円騙し取られたほか札幌市でも市職員を名乗る還付金等詐欺事件が発生しており、特殊詐欺警報が発令されている。
 稚内署では不審だと思ったら警察や窓口に相談してほしい―と。