一夜で

 発達した低気圧と寒気の影響で稚内地方は15日未明にかけて風雪が強まり、午前3時半過ぎ、宗谷岬で20・6㍍の最大瞬間風速を観測した。
 稚内地方気象台によると、14日夕方から降り始めた雨が午後9時過ぎ雪に変わり、15日朝までに稚内1㌢、声問と沼川で4㌢積もり一夜明け銀世界と化した。
 市街地に積もった雪は昼頃までには殆んど融けたが、富士見や坂の下地区などは5㌢近い雪が積もり、道路沿いに春を感じ芽を出していたフキノトウが雪に埋もれ、道道の積雪にドライバーは慎重に運転していた。
 風と雪のピークは過ぎたが午後にかけて波高く15日午後のフェリー欠航が決まった。
 16日は南から暖かく湿った空気が入り、日中の気温は7度まで上がり夜には雨が降る。