第3回日本最北端わっかない白夜祭は、6月17日から3日間、稚内駅前広場などで開催される。今年は新企画として市民からの動画を集めた「白チューブ(仮称) 」ほか、金の卵鑑賞会、映画祭など様々な催しが開催される。
 13日午後に開かれた第1回実行委員会で事業内容を協議し、今後何回か会議を開き最終的に決めるが、今年は白チューブや鶏の鳴き時間を当てるコケコッコークイズ、金の卵鑑賞会、T・ジョイ稚内でのオールナイト映画祭、白夜ビアガーデン・グルメコーナー、キッズダンス、稚内エンジェルボイス発表、ゆるキャラ大集合など15以上のイベントで祭りを盛り上げる。
 新企画の白チューブは、市民がスマホなどで撮影した動画を1本の映像に編集しキタカラ内の大画面で上映。人気を集めた作品に景品を贈る。
 映画祭は現在、上映する作品を調整中で18日に発表する。
 白夜ビアガーデンで使用する前売りチケットは約5000枚。昨年の参加者からの声を受け、当日はチケットのバラ売りもする。
 南口信一実行委員長(49)は「稚内の今年度一発目を飾る大きなイベントなので景気よくやりたい。色々な企画でみんなが一緒になって楽しめる祭典にしたい」と張り切っている。