バブ君

 声問の動物ふれあいランドに映画などに出演した新たなスター犬一頭が仲間に加わり、今月29日からのオープンでお披露目される。
 新しいスター犬は、今年6月、松竹が全国上映する黒沢清監督の最新作「クリーピー偽りの隣人」や昨年、テレビ東京(TVH)で放送されたドラマの「軽井沢駐在犬日誌」 、「三匹のおっさん」などに出演したラブラドゥードル犬のバブ君(3歳)。プードルとラブラドール・レトリバーの交配から生まれたバブ君は性格が優しく、宮忠臣所長(71)が「映画やドラマに出演しただけあって、とても利口です。オープンの日を楽しみにしてほしい」と話している時でもバブ君はカメラ前でじっとポーズし待っていた。
 ふれあいランドでは開園に向けて園内の掃除や積雪で傷んだ動物用の柵などの補修作業が行われており、今年は新たにモルモットやウサギの赤ちゃんが生まれ、母親の愛情を受け順調に育っている。
 オープンの日には先着10人程度を対象にモルモットの里親を募集する予定で、スタッフは「バブやほかのスター犬など可愛いらしい動物を家族連れで見に来てほしい」とPRしている。