春の交通安全運動

 春の全国交通安全運動初日の6日、稚内署前で出動式が行われ、参加した関係者は15日までの運動期間中の交通事故防止に全力を尽くしていく。
 稚内署のほか市、宗谷総合振興局など9団体から参加した70人を前に青山副市長が「交通事故のない社会は全市民の願いであり、一人の加害者や被害者を出さないためにも安全安心な街づくりを進めていきたい」などと挨拶。来賓の坂本振興局長、田辺稚内署長の「新入学児童の登校も始まり交通事故から守るためにも皆さんと一緒に交通安全の意識を高めて活動していきたい」などとの激励に続き、水島稚内署交通課長の出発申告に合わせて車両10台がパトロールに出動した。
 引き続き、署の前で旗波作戦が行われ、参加者は小旗を手に持ち道行く運転者に安全運転を呼びかけていた。