結局は全支庁とも残ったが支庁再編の折、宗谷総合振興局となった一番の理由は対サハリン交流・交易であった。新たに着任した坂本局長が記者会見で日ロ定期航路の先行きを心配していたのは尤もなことであり、大袈裟に言えば宗谷局の存在理由もそこにある◆稚内だけでなく北海道としても定期航路運航は眼目であり、先日結成された三セク会社と共に知恵を絞って再開目指してほしい◆坂本局長は保健行政に明るいので管内住民の健康増進には何か企図することもあるでしょう。健康は人にとって要である。