日本列島には至る所と言っても過言でないほど活断層があり、地震が頻発する。東日本大震災のような巨大プレートの動きで起きる地震に比べるとマグニチュードが小さいものの、稚内の横にも北海道を縦断する活断層がある。
 サハリン沖や太平洋側を震源とする地震で偶に稚内でも震度1とか2の極く小さい地震があるが、実際は近くにある活断層によって起きる地震のほうが恐いものがある。これまで他人事のように思っていた大きな地震が稚内でも起こる可能性があることには不安を覚えた。
 NHKスペシャル「巨大地震」でやっていたのだが、東日本大震災の被災地では今、海岸や港湾で土地隆起が起きている。大震災発生時の陥没から一転したのは地球内部のマントルが影響していると、大学教授の地震研究者が推測する中「今後、どこで大地震が起きるのか」という疑問に対し、山陰地方など西日本にある活断層について解説していたが、TV画面に映し出された赤く塗られた活断層の多さに驚くと共に、地震国日本での原発推進には無理があるということだった。
 北海道こそ多くはなかったが、一目瞭然し判る赤色(活断層)の多さの裏に、経済一辺倒の原発政策推進に慄然とし「世界一」の安全基準といえ、原発に電源を頼るのは日本を滅ぼすことになりはしないかということでもあった。我々は地震列島に住んでいるのだ。
 福島第一原発近くの町で住民帰還の動きが活発化しようとしている。しかし放射線が残る町に誰が帰りたいのか。身につまされた。