防護ネット

 人里に姿を現すシカに備え、北地区の住民が畑などの食害を防ごうと防護ネットや柵などを取り付け始めている。
 雪融けが進んだ3月下旬頃からシカの行動範囲が広くなり、最近は恵比須~ノシャップなどで、山から人里に下りてくる群れが多くなっている。
 裏山近くに住む恵比須地区の夫婦は「ノシャップだけでなく、恵比須も10頭以上の群れが出没。2㍍以上のネットを張らないと食害にあう」と、近所では毎年シカの食害にあい家庭菜園を止めた人もいると話していた。