きのうは二十四節気のひとつ「清明」だった。春が訪れ万物が清々しくなる季節。稚内は朝から晴れ間が広がり正に清々しい一日であった◆商工会議所では新人社員の研修が始まり市役所は住民票などの届けで混雑するなど新年度らしい光景が広がる◆そして稚内消防署団員のファーストレスポンダー(FR)が郡部で始まり、郡部には稚内軽量運輸の移動スーパーも重点的に回るようになった◆市街地だろうが郊外だろうが人間が暮らすのに不便があってはならず、ましてや命の危険などあってはならない。