人生最期の日を自宅で迎えたいというのは人間誰しも願うものだが現実は容易いことではない。読者の皆さんは道北勤医協宗谷医院(末広3)が在宅医療をしているのをご存知だろうか。
 28日、離任挨拶で小社を訪れた松崎道幸院長から伺ったもので、年間30人ほど往診し最期の看取りまでしているのだという。市立稚内病院での入院を短くすることで医師や看護師などの負担を軽くし市病の経営にとってもメリットがある勤医協医院での在宅医療は、何かと問題が指摘されている稚内地域の医療体制にとっても手助けになるものであり、松崎先生の話を聞いていて強く思ったのは医療の側も何かと努力されているということであり、これからの取組みに大いに期待したいということであった。
 稚高から北大に進み医学を志したという先生は現状の市立稚内病院の医師不足について「若い研修医含め中堅医師がスキルアップできる場を設けることが稚内でも可能かが重要になる」として、札幌や旭川などにいなくても稚内で上席医師から指導を受ける症例検討など、医師としての勉強ができる機会の創出を医師不足打開の一つとした。
 医は算術でなく仁術であり、その使命のため若手医師が努力しようとしてもただ忙しく、更には患者から不平・不満を言われては「稚内赴任は?」ということになろう。
 昨年、工藤市長の肝いりで市民一丸となり医療の充実を図る組織が作られた。人のふり見て我がふり直せとまで言わぬが、市民の理解醸成もポイントになるのでお忘れなく。