先週土曜の朝、読者からお叱りの電話があった。T・ジョイ稚内の映画案内で「仮面ライダー1号」の上映時間の一部に間違いがあったとし「プレスしか取っていない家庭もあるでしょうにしっかりして下さい」と言われた。弊社としては弁解のしようがなく、読者の皆さんにご迷惑かけたことをお詫び申し上げる次第であります。
 購読料をいただき情報を提供する以上、間違いはあってはならないのだが、小紙だけでなく他紙を見ていても結構ある。オペレーターの打ち込み、編集部の校正、そして最終点検する筆者と夫々の役割を果たしているつもりだが、間違いは少なくはなく、社会の木鐸などと偉そうなことを言っている割の稚拙ともいえる誤謬には平身低頭するだけです。
 ところで最北の地稚内にも遅まきながら春がやって来た。先週末からは太陽の光が眩しいほどの陽気が射し散歩していても爽快な事この上ない。
 しかし南北に長い日本列島の南の端・石垣島の八重山では今月20日に海開きがあったことが長く互いの発行紙を交換している「八重山日報」に掲載されていた。滅多に北の端にいることを意識することのない筆者もさすがにその違いに驚いたものだった。
 そうは言ってもどの土地にも季節の移ろいはあり稚内にだって夏はやって来る。ただ石垣などからは4カ月遅れではあるが。
 春は別れと出会いの季節であり今週からは官公庁、民間会社の人事がある。稚内を離れる人たちはいい思い出をつくってくれたか。できれば第二の故郷として愛して戴きたい。