それぞれの業界には人知れない事情もあり、ホテル旅館業組合が工藤市長に窮状なり訴えることは大事なことだが遅きに失した感は拭えない。もっと早くやればよかったろうに何を遠慮したものか◆市長も粗々は各業界のことを知っているだろうが膝を突き合わせ得る情報は掛替えないものとなるだろう。真面目な市長だけに変に肩入れし重荷にならない程度であればいい◆時の市長に物申すのは問題解決の早道ではあるが皆さん、エゴだけは通さないように。市長は稚内全体の幸せを願っているのですから。