太陽柱

 太陽光が柱のように空へと伸びる太陽柱「サンピラー」と、太陽から離れた位置に太陽と同じように光が見える「幻日」とみられる現象が22日夕方、西の空に同時に現れた。
 午後5時前、陽がゆっくりと沈み始めると光が上空に伸びるサンピラーが現れると同時に、抜海方面では太陽から離れた位置に虹のような光が見える幻日現象も出現し、2つの光の競演は30分ほどあった。
 いずれも雲の中にある氷の結晶に太陽光が反射することで起きる現象で、稚内地方気象台は「2つ同時は珍しい」と話していた。