シケで

 春ナマコ漁が16日から解禁され、シケで出漁する船は少なかったものの、前浜などでは磯船での採取が行われた。
 午前6時頃から磯船数隻が出漁し箱眼鏡で水中を覗いてはナマコをたも網ですくう姿が見られた。
 恵比須地区の漁民によると、「水温も冷たく、風も強まってきたせいか午前10時頃には殆どの漁師が切り上げていたようだ」と。  
 稚内漁協の木村専務は「シケで磯船が数隻しか出漁できなかったが、今年は春夏の漁で280㌧ほど獲りたい」と目標を話していた。