稚内保健所は先週(7~13日)までの感染症発生状況をまとめたが、インフルエンザは242人(前週106)と倍以上に増え、18日に今季初めて警報を発令する。
 保健所によると、道内ではピークを越えている地域が多いものの管内ではここに来て蔓延してきており、稚内市内の幼稚園や小中学校で閉鎖が相次いでいる。人込みを避け、マスクを着用し手洗い励行を呼びかけている。
 他の感染症は、A群溶血性レンサ球菌咽頭炎5人(同2)、感染性胃腸炎4人(同8)水痘1人(同0)、流行性耳下腺炎1人(同0)。