連合集会

 連合宗谷・稚内は10日夜、海員会館で2016春季生活闘争勝利第24回参議院選挙闘争勝利3・10連合宗谷総決起集会を開き、労働者の格差是正などの実現に向けて一致団結した。
 参会した80人余りを前に沖野功会長代行は道内の企業においての残業時間、有給休暇消化が全国平均を下回っており、非正規雇用者の労働改善、物価上昇に賃上げが追いついておらず労働改善しなければならないとし「中小企業、非正規職員の底上げ、底支えが重要な鍵になる」と訴えた。
 このあとの基調提起で、労働者の待遇改善の広がり、非正規職員の格差を埋める対策などを重点項目に労働者が報われる社会を目指すことを確認。集会決議で「すべての働く者の処遇を改善し底上げ・底支え、格差是正で経済の好循環実現」をスローガンに取り組むことを採択した。