国際女性デー

 国際女性デーの稚内集会が5日午後、文化センターであり、上勇知で自然卵養鶏などを営むカニヤファームの伊藤香織さんが「心豊かに生きることを求めて」と題し講演した。
 8日の国際女性デーを前にした集会には市民ら130人余りが参会。伊藤さんは上勇知に移住して9年目の生活を振り返りファームを立ち上げるまでの思い、養鶏場を始めた頃についてはヒヨコが上手く育たなかったが、稚内の環境に合わせエサの配合など変えるなどして軌道に乗せることができるようになりました―と話した。
 養鶏以外にも上勇知の自然を活かして実施している自然学校を紹介し「冬は厳しい場所ではありますが、この地域は四季を楽しめる素晴らしい所。心豊かに生きることを考えた時、一つの土地で暮らし続けることほど幸せなことはない」などと話していた。