彼岸前

 発達した低気圧の影響で、29日の稚内地方は風雪が強まり大荒れの天候となった。午後にかけて更に天候が悪化することから、稚内地方気象台は猛吹雪や吹き溜まりによる交通障害などに警戒を呼びかけている。
 29日朝、暴風雪警報が発表された稚内は22・5㍍、宗谷岬で27・9㍍の最大瞬間風速を観測。雪、風ともに夕方から更に強くなり、予想される最大瞬間風速は陸上、海上ともに35㍍、波は5㍍と大シケになる。
 雪は1日朝までに多い所で30㌢前後降る。暴風雪や吹き溜まりによる交通障害などに警戒が必要だ。
 気象台の予報官は「稚内は29日昼過ぎ~1日朝まで警戒が必要で、湿った雪による吹き溜まりにも気を付けてほしい」としている。

「各線通行止め」
 道道稚内天塩線は29日午前11時から通行止め。浜里下沼線も。
 稚内猿払線(増幌~東浦)は午後1時、稚内幌延線は午後3時に通行止め。
 国道238号の声問~猿払村の間、40号の朝日~豊富町は通行止め。
 市道は午後1時半から声問ミルクロード、富岡23号通りも通行止め。