再び全国大会

 3月27~30日まで東京で開催される第38回全国JOCジュニアオリンピック春季水泳競技大会の男子11、12歳の部平泳ぎ100㍍に、稚内SC所属の東小6年大日向海斗君(12)が北海道代表として出場する。
 同大会は、日本オリンピック委員会(JOC)と日本水泳連盟が将来のオリンピック選手を育成するため3月と8月の年2回開催している。道内の平泳ぎ100㍍など3種目で小学生ランキング1位として夏季の全国大会に2度出場している大日向君は、今月21日に札幌で開かれた予選会の100㍍で優勝し出場権を手にした。稚内SC所属選手が春季の全国大会に出場するのは大日向君が初めて。
 大会に向けて大日向君は「体力を強化してベストタイムを出せるように頑張りたい」と話していた。