道は17日、昨年10月1日現在で実施された国勢調査速報を発表した。
 宗谷管内の人口は6万7520人。前回の平成22年調査から8・1%の5927人減少した。
 稚内市は平成22年の3万9595人から8・1%の3196人減少し3万6399人。道内で8番目に減少数が多かった。
 減少率は中頓別の11・2%、利尻町11・1%と大きい一方、最も低い猿払は5%。
 世帯数も全市町村で減少し3万763。4年前から1636世帯減っている。
 市町村別の人口。
 稚内市3万6399人(平成22年対比8・1%減)、猿払村2683人(同5%減)、浜頓別町3880人(同6・9%減)、中頓別町1752人(同11・2%減)、枝幸町8440人(同7・5%減)、豊富町4054人(同7・4%減)、礼文町2776人(同9・8%減)、利尻町2303人(同11・1%減)、利尻富士町2788人(同8・2%減)、幌延町2445人(同8・7%減)。
 宗谷管内の人口はピークだった昭和35年の13万8343人の49%にまで減り、稚内市も昭和39年の5万8223人の63%にまで過疎化が進んでいる。