電力自由化

 道経済産業局、稚内商工会議所など主催の事業者向け省エネ・温暖化対策関連補助金及び電力自由化説明会は9日、サンホテルで開かれた。
 企業が省エネ設備の導入する際の支援制度や4月から始まる電力小売自由化についての説明会で、稚内や猿払から80人が参会した。
 道経済産業局の職員ら4人から「省エネルギー対策に関する補助制度」など4項目の紹介があり、中小企業等の照明、空調の省エネ設備更新と、補助金上限、申請手順など説明された。
 電力小売全面自由化については8日までに全国169社の登録があり、業種も多様だが電気と通信といったようなセット割引など新サービスが期待される他方、国の登録を受けている小売業者しか契約を結ぶことができないので、悪質な業者に気を付けるようになどとの話があった。