観光学ぶ

 立教大観光学部4年の坂田大知さん(23)と札幌大ロシア学科3年の村井大起さん(21)の2人が、稚内観光協会で就業体験している。
 札幌や首都圏の若者に地域の魅力を伝え、Iターン(移住)に繋げようと道が企画した就業体験ツアーで、坂田さんは「観光と地域の人たちによる街づくりに興味があり、地方の現場で体験したかった」、村井さんは「初めての地域で学びたかった」と稚内観光協会を研修先に選び7日に稚内入りした。
 9日から就業体験に入り、瀬川事務局長から冬季観光事業などの説明を受け、東専務から「この地域ならではの取り組みや街の人たちと触れ合い稚内の良さを知ってほしい」とのエールを送られた2人は「色々な所に出向き、稚内の観光や地域の魅力を探したい」と話していた。
 9日午後には旧瀬戸邸など街歩きツアーも体験した。14日まで氷雪の広場やアイスキャンドルイベントなどに参加する。