昨年11月から一定額以上の寄付者に対し海産物などの豪華特産品などを贈呈することにした市の「ふるさと納税」は、1月末までに1万5000件数え2億2600万円寄せられている。
 月別では、11月3940万円、12月1億8000万円、1月660万円で、納税分が確定申告に適用される期限が12月末に迫ってたことと、親戚が集まる正月に品物が届くようにとの駆け込みもあり、12月中旬から急激に増え2億円近い寄付額に至った。
 商品の約8割が海産物などの食品関係と多く、1月に入ってからは1日10万円台までに減っているが、担当の市財政経営課では「予想以上の反響に驚いている。集まったお金は新年度予算に組み入れ事業に反映させていきたい」としている。