稚内署は31日、大黒1、JR北海道社員石川翔容疑者(33)を有印公文書偽造・同行使の疑いで逮捕した。
 発表によると、石川は平成26年6月下旬~7月上旬ころの間に、自宅のパソコンを使って平成19年2月に失効した自分の運転免許証を偽造して、JRの業務点検の際にはそのコピーを提出していた。
 昨年12月の社内調査で石川が免許証を偽造していたのを知ったJR稚内駅から相談を受けて稚内署が捜査してきたもので、JRの車や自家用車を運転していることから無免許運転の疑いでも調べている。
 石川は、平成25年から南稚内駅に勤務し、業務指導や通信設備の点検などを担当している。