宗谷総合振興局主催の第4回輝け!宗谷の食セミナーは29日、宗谷合同庁舎で開かれ、食品事業者らがインターネットでの販売戦略など学んだ。
 参会した宗谷管内の事業者20人余りを前に田畑産業振興部長が「首都圏のマーケティングに携わる講師やフード塾修了生の発表を聞いて食産業の発展に努めてほしい」などと挨拶。ヤフーショッピングカンパニーの佐竹正範ご当地eコマースストア開発マネージャーら2人が「YAHOO!で広がる6次化の販売戦略」と題し講話した。
 国民の約半数が買い物するほどネット販売は成長している―とし、時間や場所などの制限がないネット通販は売り上げを伸ばすチャンスであるが、目を惹く情報をどう載せるか考える必要が大事と話していた。
 午後からは食クラスターフード塾を終了した御菓子司小鹿の小鹿卓司社長ら3人の成果発表があり、3年後を見据えた商品開発や販売方法などについて話していた。