宗谷の情報をフェイスブック上などで発信している「SOYA PARTY」のメンバーらが24日、東京都渋谷区のカフェで宗谷での起業、就業を促すイベントを開き、トークショーなどで魅力を伝えた。
 メンバーと、利尻で観光ガイドサービスしている渡辺敏哉さんら参加した5人は、首都圏の人たちに「ちょっと暮らし宗谷のいいとこ」と題した講演をし、利尻富士町の食堂丸善の「うにめし丼」を提供しPRした。
 イベントは250人が入れ替わり参加し講演を聞いた写真家、デザイナーなどの人たちからは、自然の素晴らしさに魅せられ1度行ってみたい―との反響があり、200食用意したうにめし丼は完売し、稚内出身の銀座でカクテルバーを営む秋谷修二さんら3人が、宗谷をイメージして作ったオリジナルカクテルなども人気を集めていた。
 このイベントで講演した宗谷総合振興局の大塚地域政策課主査は「地元から東京に出た人などのUターンも含め一定のPRは出来ました」と十分な手応えがあったことを話していた。